• mauki

セクシュアリティ。

最終更新: 2019年5月14日


4日前、

夢に俳優の「三上博史」が出てきた。


彼には、妻がいた。

けれど私と三上博史は恋人同士だった。


そんなこんなで目が覚めた朝。


*************


で!


次の日の朝なのに。


なのに?


アレ?



まだ昨日の三上博史が気になる。



気になる

気になる

とても気になる。



今って、三上博史はどうなっているんだろう?と、google検索した結果。


今、ドラマに出ているみたいだ!

(見てないけどー)


その前は?

なんかドラマに出てたのかな〜?


数年前に若い20代の女の子と連ドラしてたみたい。


そのインタビューみたいな動画が上がっていた。


夢と違って、よく笑いよく喋っていた。


昨日見た夢とのギャップがすごくて見るのやめた。


夢では、とても物静かで優しくて

素敵だった。


だから昨日、

夢で見た三上博史がどうしても見たいという衝動は止まらない。


どんどん動画検索していると、

昔見たドラマが出てきた。


多分、中学生の時に見たドラマだ。


今でも少し内容覚えていたから、

当時は衝撃的だったに違いない。


題名もスゴイ!


「この世の果て」


さっきのインタビューの動画と違って、

夢に出てきた三上博史だ!


私は、なぜか夢中になって

2日かけて全12話見てしまった。


昔のドラマだから

ありえない展開ばかり。


そして役柄もスゴイ。


今見ても演技に圧倒されるんだから、

当時はもっと衝撃だったに違いない。


本当に素敵だわ。

俳優:三上博史!



っでね。


昨日、今日と半分ずつに分けて

動画見てたの。


で今日、11話見ててハッと気付いたの!


教会が出てきて、イエス・キリストの十字架が出てきて、


そしてなんと主人公の鈴木保奈美の役名が「マリア」だったのー!


なんで気付かない?私。


ずーーーーっと1話から「マリア」「マリア」言ってたよ?


コレはね。


偶然じゃなの!


ハイヤーセルフからのお知らせなのーーーーー!!!


シンクロニシティが凄すぎて、

怖くなってブログに追加して書いてしまったよ!

アウトプットすると恐怖もまぎれるからね。


①夢に「三上博史」登場

②「三上博史」を気になるように仕向ける

③昔見た衝撃ドラマを思い出させる

④その主人公の名前は「マリア」


ハイヤーセルフが伝えたかった事は


「マリア」


---------------------------------------------


2019年4月14日。

そう、ノートルダム大聖堂の火災の前日。


ちょうど約1ヶ月前の出来事。

私は、聖母マリアに導かれ教会を訪れていた。


その時はなぜ呼ばれるのか意味が分からなかった。


でも昨日その意味がやっと分かった。


ハイヤーセルフがここ数日、私に見せてくるもの。

そしてそれ以前に、ヒントとして導いてくれていた場所やその他のたくさんの物。


----------------------------------------------------------


数世紀にわたり抑圧されて、

西暦457年にフィラエのISIS神殿にて完全に途絶えた女神の神秘の全てが、

ついに2019年4月14日にあるグループに地上で伝授され定着しました。


伝説的なアトランティス文明を起源とする本来の手順に完全準拠して、

物理層女神を完全に定着させる4月14日の最重要の儀式が最高潮に。


アトランティス時代の記録 

Asu.ara tSi.dhaの主から、巫女姉妹団を結成すること、

それから彼女らが女神アシュター・タラ(Aashtar-tara)への道へと導くよう、

指示がありました。


アトランティスの女王アシュター・タラは、

後の世の司祭たちの文化と言葉によって、次のような名で呼ばれました。

イシュターイナンナハトホルイシスネイトアスタルトアーシラトビーナスアフロディーテアテナパラスイズン、シグルーン、聖母マリア、それからマグダラのマリアとも呼ばれました!


----------------------------------------------------------


コレは、COBRAの2019年4月28日の記事「The High Priestess」で紹介された記事「Sisters of the Eternal Fires」です。


全文を読みたい方はコチラ(時間経過のため現在有料です)

https://note.mu/nogi1111/n/nb3bb2a286311


----------------------------------------------------------


一番わたしたちに馴染みのある名前「マグダラのマリア」


彼女は、アルクトゥルス人でありイエスとのツインでもあります。


そして幼い頃、神聖なる女神イシスの神殿で「イシスの性魔術」を学んだと書いています。

「イシスの性魔術」は、性エネルギーを使って個人の意識を変容させます。

(詳しくは「アルクトゥルス人より地球人へ」P152に掲載されています)


私はコレを読む少し前に、

ある2人の男女のツインの聖なる結婚式を取り仕切ったのです。

しかも本に載っていることそのままの方式で。


前にブログに残してあります。

時間があればぜひどうぞ。

https://www.mauki-sirius.com/blog/今日の私%E3%80%82


本当に不思議な体験でした。


そしてその後ずっとインスピレーションとしてやってきていた「ハトホル」も

マグダラのマリアと共に「イシスの性魔術」を学んだ大神官でありマスターで、

アトランティスの女王アシュター・タラのエネルギーを引き継いでいるのだそう。


そしてそのエネルギーは現世でも受け継がれてきたのだけれど、

2018年にその高僧のエネルギーが途絶えてしまった。
























私はなぜ導かれるのか?

ここに辿り着くまでに、ハイヤーセルフからたくさんのキーワードが届いていました。

そして、実は気付いていました。


1年前の2018年4月30日、

私はマルコニクス・リキャリブレーションで神聖なる存在ハイヤーセルフ(高次の自分)と統合しました。


でも、実はその間に何人もの存在が私の肉体に入ってきました。

数え切れないくらい。


そしてその中で1番印象に残っている存在がいます。


官能すぎる女性性のエネルギーです。


高次元とつながっている間、

私は自分の体を使ってありとあらゆるポーズでそれを表現していました。


あまりにも官能的な動きをするのです。
















https://www.instagram.com/ascensionlifestyle/




以前「あなたと言う存在は他の次元にもたくさんの存在しています」とある方に言われました。「あなたは旅が好きな魂です」「でもよくここまで来ましたね」と。


私は、この3次元の肉体に宿るまでたくさんの転生をし経験し成長し、

そしてそれでもまだ足りず他の次元に存在しているのでしょうか?


そして1番強烈に覚えているアトランティス時代の封印してきた記憶を思い出す時がそろそろやってくるのでしょうか?



ハッキリとは分かりません。


でもただ感じるのです。


「あなたの準備が整えばすべての答えがやってくる」



私は少しずつ、

一歩ずつその扉を開けようとしています。



-----------------------------------------------------------------


昨日、この動画を見ることになりました。


世界中の抑圧されて来た女性たちの浄化される時がきたのだそうです。


私もそう感じます。











この動画をUPしてくれたK.Angelさんに感謝します。


変化・変容は日々とてつもないスピードで動いています。


女性性と男性性の統合って一体どんな感じなんだろう?


ワクワクするしドキドキするし。


でもちょっと怖いな。



私、自分のツインに会いたい。


MAUKI


















69回の閲覧