• mauki

ハイヤーセルフ統合1回目。

最終更新: 2018年10月1日


前回に引き続き、私のハイヤーセルフ統合のお話です。


前回は、ハイヤーセルフ統合3回目の内容でしたが、

今回は、私の初めてのハイヤーセルフ統合のお話です。



シリウスから転生して来た小さな子供バージョンです。



これもまた「絵」が存在しています。

(画像はすべてお借りしています)


私が、マルコニクスを受けるきっかけになったのは、

とあるエネルギーワークを受けたところから始まっています。


その時のことも次回書いていこうと思います。




今思うと、すべてがつながっているんです。




エネルギーを感じることには恐れることもなく躊躇しない私だったので、

マルコニクスに関しては、ノータッチヒーリングは受けずに、

最初からリキャリブレーションを受けました。



たまたま東京でレベル1のセミナーがあるのを見つけて、


日本のティーチャー・プラクティショナーさんからセッションを受けました。


リキャリブレーションは2日かけてセッションするのですが、

1日目は手が動いたり体が動いたりだけで特に衝撃的なことは起きませんでした。


でも2日目に事は動きました。







もうなにせ、


体を誰かに乗っ取られた感でいっぱいです。











まず体の周りに、こんな存在が数人やって来ます。

ただ見てる。って感じです。













エネルギーはこんな感じです。



















こんなポーズもします。


















天井に向かって手を差し伸べたりもします。

















エネルギーが最高潮の時の体に走るエネルギーは

こんな感じです。

羽を広げるポーズもします。












途中、何回も手を広げたり、

両手を合わせて拝んだりします。













私の場合は、いろんな存在が順番に体に入っては、

その存在独特のポーズをしたり、

ダンスしたりしていました。


















官能的で魅惑的なポーズをする存在もいました。














途中、BOBさんも右斜め後ろに来ました。















最終的に私に統合したのが子供でした。





















まさにハイヤーセルフが地上に降りてくる様子です。







統合中は意識はハッキリしています。

意識が飛ぶとかはありません。


ただ目を開けた途端、自分でコントロールができません。

体の感覚は、自分10%ハイヤーセルフ90%。

何せ地球に転生したことがない(⇦体を持ったことがない)

存在なので地球での体の動かし方が

わからないのです。。。


グラウディングがまず出来ません。

足に重力を感じることに慣れないのです。

だって今まではエネルギー体だったから。

浮遊してたから。


立てるまで10分はかかりました。


立てたとしても、うまく歩けません。

壁にバンバンぶつかりながら長い廊下を歩きました。


トイレから出て鏡を見たとき衝撃が走ります。


まず目の色がグリーンブルーです。


そして自分だと認識できません。


顔を手で触りながら確かめます。


そして大声を出します。


そしてそこでやっと気づくのです。



体を持てたことに。


自分がこの地球に生まれて来たことに。



感動で大声で泣き叫びます。


そしてピタっと泣きやみ、


今度は嬉しすぎて跳ねるように廊下を抜けて

部屋に戻ります。


部屋の中にあるものすべてが初めて見るものです。


水もチョコレートも初めて食べる味なのです。


その時の映像が残っています。


部屋中を見渡していたときにあるポスターを見つけます。





















彼女はこのポスターに写っている地球めがけて

走り出しました。


そして地球を手でずっと撫でるのです。

愛しいものを触るように何回もずっと。。。


そこで私はこう言ったのです。





















「私、地球を守るために来たのー!」



「どこから来たの?」



「シリウスー!」
















これが私の初めてのハイヤーセルフ統合のお話です。




mauki





24回の閲覧