• mauki

マルコニクスに出会うきっかけ。


それは段階をふんで準備されていました。


ハイヤーセルフに誘導されるがままに。


私の「知りたい欲」がインターネットを検索して検索して、


あるサイトにたどり着く。


今までみたいなカードを使ったりオーラソーマのように物質を使わない。



エネルギーワーク。



でも見つけてから1年は何も動こうとしなかった。


でも受けてみたいとずっと思って過ごしていた。



2017年の12月頃。



もう受けてみようと思った。



関西でいくつかあるサロンを探していたらある人にたどり着いた。



知っている人だった。



もう偶然じゃないと心で思った。



まずは、ヒーリングを受けてみた。



最初からエネルギーがすごかった。



でもそれと同時に私はエネルギーを感じとれることに気付いた。



今までのは気のせいではなかったんだと…



ヒーリングが始まって少ししたら、涙があふれてきた。
















私の魂は、


光のもとに行った。



その光は愛でしかなかった。


私が生まれた場所であり、帰る場所でもあるとわかった。



心が尋常じゃないほど癒されていくのが分かった。


その場所はこの世の物とは思えない味わったことが無い何とも言えない場所だった。




そしてもうお別れだと思った。


その場所から去りたくなかった。


その間中、ずっと涙があふれて


とうとう嗚咽の涙が私から流れた。



辛くて泣いたと思ったけど違った。


本当は尊い涙を流していたんだ。



あの場所に行った人は同じことを言う。





もうそれは言葉に出来ないのである。






光の場所から去った時、


ある存在が私にこう言ってきた。



「好きなことしていいよ」

「見守ってるから」



そしてその存在が去ろうとしたとき私も問いかけてみた。



「もう行くの?」



さみしいという感情はすでに伝わっていた。



「いつでもここにいるから」



それは、



私と在る。



ということだと分かった。



そしてそれが初めて聞くハイヤーセルフの声だった。




わたしはその日からものすごいスピードで変わっていくことになるなんて

思ってもみなかった。



つづく







0回の閲覧