• mauki

光の世界へ


2019年9月22日

Zoom遠隔 Live-healing

20時スタート!!!

------------------


の前に。


み〜んなに

伝えたい事がある。


------------------


皆さんは、

もうとっくに気付いているんです。


だって

ハイヤーセルフから

ちゃんと答え来てるでしょ?


どうして無視するの〜?


どうして

自分の声にフタをして

他の誰かが言ってる言葉を

信じようとするの〜?


その人が有名だから?

その人が

とてつもなく偉大に見えるからなの?


◯◯天使って呼ばれてるから?

雑誌や本になっている人だから間違いないはず?


何回も

何回も言うけど、

本当に繋がらなきゃいけないのは、自分のハイヤーセルフだから。


家族が言うから?

愛する人が言うから?

信頼するあの人が言ってるから?


違うよ。


自分のハートが

言ってる事が

本物だよ。


(…っと、私は思うー!)


------------------


さて

前置きが

長くなりました〜。


今回のYさんも、

まさしくこのタイプでした。


自分の声が

もう1年前から

ハッキリと聞こえてるのに、


ドロドロの3次元の執着を

どうしても手放したくない自分を

延々と私に見せて来ました。


Yさんのハイヤーセルフと繋がった瞬間、

床に寝転がって地面に頬をすりつけ「執着」という、闇によって作り出された感情を、「これが本物だ」と信じ込んでいて離そうとしないんです。


(あ〜)⬅︎私のハートの声

(これは長丁場になりそうだ〜)

(覚悟せねば〜)


みなさん!

もう私は5次元意識に居るので、

この3次元意識に波動を合わせて(落として)セッションに挑んでいるんだ!


だからー!

まだ自分もここ(3次元意識)に居るー。

って分かる人は、


マルコニクス・リキャリブレーションは当たり前。

その後の、マルコニクス・ヒーリングをガンガンしてから‼️


もう私、きっと行けるわ!

もう大丈夫!

次の最高ステージに行く時だわ!


ってハートの声が聞こえてから


『Live-healing』を

受けに来て下さい。


闇の3次元意識は

マルコニクスのエネルギーで、

F1並の速さで、ピュンピュン抜けます。


もう

このブログを読んで

ワクワクしている人や、

何かわからないけど

辿り着いてしまった人は、

あなた自身のもう1人の自分である

ハイヤーセルフが誘導したんです。


もう

地球の波動変わるぞ〜


3次元意識

まだ持ってないか〜?


早く捨てろ〜

手放せ〜


こっちは次の新しい地球に

行く気マンマンなんだ〜


モタモタしてんじゃね〜ぞ〜


って、

ハイヤーセルフは思ってます。


とにかく今のあなたには、

3次元世界にあるリラクゼーションは要りません。


マルコニクス・ヒーリングを

ガンガン通して下さい。

(月1回で十分だ!)


私もやってるし、

佐藤さんやミドリさんの所へ

ガンガン行って下さい。


そして

軽くなって軽くなって軽くなって

軽くなったら!


『Live-healing』なんだ〜


なんせ、軽ければ軽いほど

高次元のエネルギーどんどん入る〜!


私の役目は

金魚すくいだー!


巨大網で、

深海魚ゴッソリは

マルコニクスでやってるからー!


頼んだぞー

宇宙ー‼️


さて。


そろそろ

Yさんの話に戻ります。

なんか

今、

空を飛んでるイメージ。


リオデジャネイロのこの銅像みたいに

すべてを見渡す事が出来る存在。


これがYさんです。


高次元の

Yさんの本当の姿です。

なのに、

急に地面に落ちる事になります。


まるで天と地。

まるで闇と光。


Yさんは今、

この分岐点での葛藤が起こっています。


Yさんはこの3次元で

どうしても手放したくないモノがあって、それがいつまでもYさんを苦しめています。


何だと思う?

それは、


彼を

失いたくない。


完全に

「執着」でした。


3次元特有の罠の1つ。


彼はもうすでに

Yさんの元から離れてしまっているのに。


彼を

失ってしまったら

私には何もない


そして

「無価値観」が生まれます。


こうなるとスパイラルです。

本質に気付くまで、

グルグル、グルグル

おんなじ場面を

この3次元で体験することになります。


でもこれが

3次元意識にとどまらせようとする

闇の狙いです。


闇が作り出した

三角形のピラミッドの中から、

抜けて欲しくないんです。


だって抜けられちゃったら、

何でも言う事を聞く存在がいなくなる&支配(コントロール)できないから

困るんです。


そしてYさんは、

チューチュー、チューチュー、

エネルギー吸われ続けるんです。


でも

もうそんな古い地球システムは終わりです。


高次元に居る、

皆さんのハイヤーセルフ達はもうそれを知っているので、モタモタしている3次元の自分に何とか気付かせようと必死です。


タピオカです。


ズラーーーーーっと、

まだ3次元意識のままでいる自分の分身の代わりに、ハイヤーセルフみずから佐藤さんやミドリさんの所に行って、もう今、順番待ち大行列なんです。


私も

ビジョンで見ました。

次の新しい地球へ

ハイヤーセルフ達は行きたいのに

扉が閉まってるから

螺旋階段にズラーーーーーっと並んでました。


「扉が閉まってる」の

通訳をするならば、

古い3次元意識を分身(あなた)が手放す事が出来てないから、そこを通れないんです。古い意識という荷物を持っていたら、ゲートを通れないんです。


でも

あなたのハイヤーセルフは

決してあなたのことを諦めません!

見捨てる事もありません!


あなたを

信じているからです!


そして

それがめちゃくちゃ

Yさんのハイヤーセルフから伝わってくるから、今日のセッションは絶対に最後までやり遂げる覚悟です!


Yさんがどんだけ

「手放したくない」って言っても、

どんだけ何時間かかっても、

絶対に気付ける!って信じてる!


とことんやったる!




Yさんが手放したくないモノ。


それは

『前に付き合ってた男性』ですね。


Yさんのハイヤーセルフは、

床に倒れこんで

床から離れようとしません。

どうしても床(彼)から

離れようとしないのです。


高次元は

一言も発しません。


Yさんに

自分の本当のハートの気持ちを話させようと、ず〜っとエネルギーを送り続けています。


するとYさんが、

話だしました。


一緒に居る時は

とても愛をくれたの。


あの人は愛なの。


私の事を

とても愛してくれたの。


私にとって

彼がすべてだったの。


なのにどうして?

どうして私の元を去って、

違う女性と幸せになっているの?


悔しい。


どうして?

どうして私だけが

こんな辛い想いを

しなければいけないの?

どうして?

どうしてよ?


憎い。


彼が憎くて

たまらないの。

とうとう

Yさんは、泣き出しました。


そして

何も言わなくなったYさんに

高次元が言う。


「お前は、このまま眠り続けるのか?」


Yさんがこう答える。


「私は変わりたいんです…」


高次元が言う。


「答えを知ってるだろ?」


(高次元スゲー)⬅︎私のハートの声

(何でもお見通し)

(嘘なんて)

(言おうと思った瞬間からバレる〜)


Yさん『知ってる』


(知ってるや〜ん)


高次元「じゃあ何で手放せないんだ?」


Yさん「う〜んと、え〜っと〜

また3次元意識に戻るYさん。


すかさず

高次元がこう言う。


「見てみろ、このお前の姿を。これが良く見えるか?これがお前の今の姿だぞ?」


「何で手放せないんだ?」


高次元が

Yさんに問いかける。


Yさん「彼との事柄がすごい完美だったから


ここで

10%残っている私が、

Yさんに言う。


でも、今言った事って過去形だよね?


Yさん「はい・・・


もうこれは過去なの。

今を見てないの。


Yさんが1人喋りだした。


本当は、手放したいのになぁ…

もう、あんな苦しい思いはしたくないのに」「もう嫌なんだよなぁ、2度と


Yさんのハイヤーセルフが

少し起き上がりかけた。


でも彼といる時が本当に本当に幸せだったの


って言った瞬間、また床に戻った。


床(彼)を

やっぱり手放したくない。


Yさんの気持ちと、

Yさんのハイヤーセルフの体は

連動しているの。


私は私だけを見てくれる人が欲しいの」「一緒に喜んでくれる人が欲しい

でも今の私なら彼とうまく距離を保てるわ」「もうゾッコンになったりしない


・・・


でも私は自分を楽しませる方法はもう知ってるの」「だって、細胞がすごく振動してるんだから


これはYさんに1年前に始まった、高次元からのギフトをちゃんと受け取って、行動に移して感じた事を語っているのだと思います。


だから細胞の振動と一緒にやりたいことをやって行く事が大事

それが私にとって1番、大事

動きたいときは動きたい

知りたい事はすぐ知りたい

言いたいときはすぐ言いたい

そんな自分をもっと出したい


そしてそれを全て受け入れてくれて共感しあえる人が欲しい」「それが承認欲求なのかどうか分からない


Yさんは、

すでに分かっているのに出来ない。

やらない。気付けない。


高次元が

サポートに入った。


そして

私の左手が動き出した。


インフィニティを描いているよ?

これはもう統合なんだよ。


Yさんが

ハイヤーセルフと

もう統合するときなんだ!


ハートがブレブレだから、

もう自分と統合しろ。って

言ってるよ。


床に頬を擦り付けて

執着を手放さないYさんは、

本当のYさんじゃないんだって!


そして、これはただ自分が作り出したもので、本当はさっき見たリオデジャネイロのあの銅像がYさんなんだって!言ってるよ。


Yさんには

理解できないみたい。


私の言葉が足りないのか?


リオデジャネイロのあの銅像は本当にそれなんじゃなくて、もともとYさんは高次元にいて上から(高い意識で)地球を見ることが出来る愛そのものだっていう事なの。


それが私の言葉が足りなかったせいで、うまく伝わらなかったみたい。


あの銅像が何なのか?

私は知らなかったけど、

Yさんはさっき言ってたんだよ〜。


あ〜あのキリスト像ですね?」って。


高次元のYさんは、

キリスト意識で居るってことだよー!


(それに早く気付いてくれー‼️)


Yさんが

また彼の事を喋り出した。


「もう彼のやり口は分かったんだよね」

「寂しい大人の女性にちょっかいを出す」