• mauki

映画「ザスーラ」




2005年公開のSFファンタジー映画。

何年かに1回TVで放送されています。


最初は全く気付かなくて、この映画見るの2回目だ!って気付くまで

タイムラグがある脳の記憶の面白さ。


いつ見たのかなぁー?

この13年の間のどこかで見てるんだけどなー。



こういうSF系の映画は本当に面白い。



本当の意味で面白いと思うようになったのは、本当の事(真実)を知ってから。


もちろん信じるか信じないかは個人の自由意思。


今までは映画の世界とかTVの世界だけと思っていたのが、

実は本当の事が映像化されていて少しずつ「お知らせ」されている。



真実とフィクションが混ざってる。



目に見えないものや意識や感覚を視覚化できる人って、

本当に天才だと思う。







ここから先はネタバレになってしまうので、

ぜひ映画を見てからお読み下さい。









映画の冒頭でゲームボードの裏の説明書きのメッセージ。


宇宙の冒険家に継ぐ

ザスーラが待っている

宇宙を旅する自信はあるか

心の弱き者は去れ

一度旅に出てしまえばザスーラに達するまで戻る道はない

コマはゴール後リセットされる

繰り返し冒険を楽しむがよい


だってさ。(←って主人公のお兄ちゃんが最後、弟に言う)



前にも似たような事言われたなぁー。

またメッセージ来た。



私は何か怖がっているのかな?

前に進めない・進まないのはこういうことだから?



この地球に来たくて来たくて仕方なかった。

でも宇宙の映像を見せられると胸がときめく。

私は今もそこにいてその光景をいつも見てる。

そして宇宙全体と地球を見てる。

その意識がハッキリある。


宇宙連合の一員だから。



まさにパラレルワールド。

並行世界。



この映画のキーワードの1つ。


いろんな次元にいろんな自分がいる。

それぞれが繋がっている。


この地球はまさに天国。

3次元と物質化。


それに気付いてる人と、

気付いてるけど忘れがちな人と気付いてない人が集まるこの惑星。



私は今、頭が混乱してる最中で

この映画をまた見せられたのにはちゃんと理由があって。





お前は地球を本気で守る気はあるのか?

覚悟はあるのか?




あの言葉をまた言われた気がして。














コマを進めるのも止めるのもお前次第だ。

心の弱きものは去れ。


私たちはお前を見ている。





日々起こる出来事で常に試されている。

今、ここにいる私がどうするのかを。


今、自分はどの辺にいる?

魂の青写真があるならどのシーンでつまずいてる?


宇宙から一体何を求められている?


表現できてる?

創造できてる?

行動するの?しないの?


私の欲しいものは?

願いは?


自分自身はこれからどうありたい?







最後のシーンはまさにハイヤーセルフとの統合。











本当にやらなければいけなかったことが叶った時。

初めてカルマは解消される。

そしてまた新しいストーリーが始まっていく。



END







私はもうすでに経験してるのに。

また忘れてる。


勇気がないフリをするのはもう止めよう。


9月に大きなチャンスがまたやってくる。


それまでに自分はどんな準備ができる?



自分と向き合う時期がまたやって来たようです。



MAUKI




24回の閲覧