• mauki

新しい能力をダウンロードの巻。




2019年4月5日、あらたに次元上昇が起きたみたいです。


皆さんにも高エネルギー届きましたか?


私には事前にこんなお知らせが届いてましたよ。

(私だけじゃないけど…)


毎度おなじみ「メタフィジックス通信」さん

http://metaphysicstsushin.tokyo/2019/04/06/2019年アセンション予報%E3%80%804月5日付%E3%80%809次/

全文を見たい方はコチラにアクセスして下さい!



9次元のアルクトゥルス・カウンシルさんからのメッセージです。

--------------------------------------------------------------

2019年アセンション予報 4月5日付 

9次元のアルクトゥルス・カウンシル 

”新しく目覚めた人たちが、あなたを必要としています”

BY METAPHYSICSTSUSHIN · 2019年4月6日


眠っている間にチューニングする周波数を、

目が覚めると持ち帰って来ます


こんにちは。私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。

あなたたちとつながれて、うれしいです。


みなさんは、他の人類のために特定の周波数を下ろしています。

すっかり目覚め、私たちからの情報を受け取ることが出来るみなさんのような人たちは、

眠っている間も高次の周波数にチューニングし、朝、目が覚めると、その周波数を持ち帰って来ます。そうすることで、高次の周波数を目覚めの状態でも経験しはじめています。

人類にシグナルを送る目的があるのです。

---------------------------------------------------------


へぇ〜。っと思って夜中の2時に起こった事。


夢の中にいるのか?

いや、意識は完全に戻って来てる。


ん?富士山かな?

映像が見えた。


噴火しているのか?

それとも何かのエネルギーを放出しているのか?

分からない。


その前には2メートルぐらいのアルクトゥルス人が居る。

なんだこれは…。


ピカーン!


急に足元から光が私の中に入った!


何なんだこの光はー!


あっ!思い出した!

そういえば夕方メタフィジックスさんの記事読んだんだ!


きっとあれだ!


---------------------------------------------------------


整理しよう。


2019/4/5に次元上昇があった。

2019/4/6、初対面の人に最強ヒーリングを勝手にする(1個前のブログ)

2019/4/7早朝にかけてアルクトゥルスから光を授かる。


そして2019/4/8、新たにターゲットが出現したの巻。


その日は、朝から歯医者だった。

年末からずっと痛かった右奥歯がやっと完治する日!


当然、何か変わるし起こるだろうと予感はしてた。

だって、歯さえ治れば私は最強の体を取り戻すことになるから。


実は、朝起きた時からなんか変だった。

次元が入れ替わったような気がしていた。

(アルクトゥルス人から謎の光を授かった日の朝だし)


やっと右奥歯で物が噛めるから、ガマンしてた分、

好きなもの食べるぞー!

そうだ!R and ベーカーのパンを買いに行こう!


っと思いながら、ビルから一歩外へと出た瞬間。


気付いてしまったー!

何なんだこれはー!

宇宙から愛のエネルギーが降って来てるー!

それもガンガン降って来てるー。

その波動が高すぎて体が持ち堪えられなーい!

ハートチャクラが幸せすぎて苦しいー!

何とかしなきゃ愛で押しつぶされるー。

幸せが襲ってくるー!

誰かに会って半分もらってもらわないと死ぬー!

誰か私に会ってくれー!

助けてー!

幸せの5000倍が私に襲ってくるんだー!


ってなりながら、パンを買いに行った。

途中でこう叫びたくなった。


「ラクトリアー!」


これは、マルコニクス・プラクティショナーの佐藤さんの母船(宇宙船)の名前だ。


何でこんなの叫びたいんだろう…?

って思ってパッと横を見たらコレがあった。






















そのままやん!



そしてパンを買って、花見でもしながら食べようと思って

テクテク歩いているとこの自動販売機の人が話しかけて来た。





















「お前はキングだ」


「は?」

(私、キングじゃないよ。)


「お前にはキングの素質がある」


「キングなの?クイーンじゃなくて?」


とツッコミを入れながら歩いていると。




あっ!

1人頭に浮かんだ。


何回か行ったことのあるカフェのマスターだ。

そうだ!マスターに会いに行こう!

と、なぜかあまり話したことがないマスターに会いに行こうと思った。


でも、どうしよう。

急に行ってビックリされるかな?

愛が溢れすぎてマスターに貰って欲しいんです!

なんて言えないしな…。


と思っていたら店先にマスター発見。

開店準備で店の前を掃除していた。


さっきの不安はなぜか吹き飛んだ。


「おはようございます!〇〇です。分かりますか?」

 

マスター「おー!〇〇さん!おはようございます。どうしたんですか?」


(あっ、よかった、覚えててくれた)


「いやー、あのねー。なんか急に来たくなったんですー」


マスター「そうなんですかー?嬉しいです〜」


とてもスムーズ。


「パン買って来たんで一緒に食べませんか?」


マスター「いいんですかー?」


「こちらこそ、パン持ってお邪魔してもいいんですか?」


マスター「いいですよー」


とてもスムーズ。



席に着くなり、私の熱いハートチャクラが止まらない。

言葉にして少しでもハートチャクラから幸せ5000倍を放出せねば!



マスターと直接話をするのは、ほとんど初めてに近いのに、

すべてがスムーズに動く。


波動の話やスピリチュアルな内容の話をしても受け止めてくれる。


そして話の途中で、

「シリウス」のキーワードがマスターの口から出た瞬間に気付いた。



ハイヤーセルフに連れてこられた、と。



素直にその事を話すと、マスターはなぜか喜んで興味津々になった。

もしかしたら勝手にヒーリングし出すかもしれないですよ!っと言ったら、

ワクワクしながら私のテーブルの前に座った。



「あっ、でもしないかも知れないですよ?」

「分からないです」

「するかどうかはハイヤーセルフが決めるんで」



と前置きし、これからどんな事が目の前で起こるのかを伝える。

(今まで見た事のない、奇妙な動きを私がするから)



「マスターは何か悩み事とか嫌な事とか?ありますか?」


マスター「僕たまに、上から目線で物を言う時があって、それが嫌です」


「でもそれって本心じゃないんですよね?」


マスター「そうなんです。言いたくないんです本当は」

    「言ってる時は、僕じゃない気がします」



そうやって普通に会話している途中で、

急に高エネルギーに繋がり、高次元の存在が私の中に入って来ます。



昨日(1個前のブログ)と同じことをし出す私。



「マスター! 頭、貸してください」

「マスター! 次、肩!」

「マスター! 手! テーブルに置いて!」


マスターの手の先を触った時、すごく冷たくて。

すると、指先から何かを抜き取りました。

私は首を横に振りながら、何かその抜き取った存在に説得しているかのようでした。


抜き取ったエネルギーは、右側に待機している宇宙人に渡して持って行ってもらいます。


すると私の中から高次元の存在が抜けました。


「マスター、終わりましたよ!なんか指先から抜き取ってポイしましたよ!」


マスター「・・・。そう言えばさっき手が紫色してたのに普通の色に戻りました!」


「本当ですか?さっきめっちゃ指先冷たかったんですよ!」




結果、なんか抜けました。




抜けたら次は何か入ってくるんです。




「マスターは、どんな自分になりたいですか?」


マスター「僕、ブッタになりたいです」


「ブッタって、マスターの中でどんな存在なんですか?」


マスター「すべてを見据えてると言うか、悟っていると言うかそんな感じです」




するとまた急に高次元エネルギーが私に入り込みます。


さっきと同じ動きをした後、最後にエネルギーボールを作りマスターの頭に入れました。


「エネルギー入りましたよ!」


マスター「マジっっすか!?」

    「嬉しいです!」

    「なんか、背中が軽いかも知れません!」

    「いやっ!軽い!軽いです、やっぱり」


マスターからは、シリウスを感じるので私ととても感覚が似ています。

私もシリウスなので波長が合う(気が合う)のです。


そしてまた朗報です。


「ハイヤーセルフって1人じゃないんですよ?」

 「また、入ってくるかも知れません」


マスター「マジっすか〜?」


しばらく会話していると、

マスターの右上の天井にマスターのハイヤーセルフ達が何人か集まって来ました。


私にこうテレパシーで送って来ます。


ハイヤーセルフ「ねぇ?疲れてるよね?僕、入ってもいい?」


すごくキュートな事を投げかけて来ます。


一応言っておきますが、他人のハイヤーセルフやガイドが肉体に入ってくることは、

とてもとてもとても、体と脳が疲れます。


だって他人のエネルギー体なのだから。

自分と違うモノを入れる訳だから、相当、体力使うんですよ!


マスターのハイヤーセルフは、

マスターに似て謙虚だな〜とクスッと笑ってしましました。


私が、「いいよ。入って来ても」と言うと何やら会議をし出しました。

一体、誰が最初に入るかをハイヤーセルフ達が決めているのです。


一番端っこにいた存在が、私に入りかけて来たとき、

私がトイレに行きたくなって、ちょっと中断して席についたらマスターが、


「あっ、お客さん来る」と入り口の方を見ていました。


はい終了ー。


今日はここまでー。の合図です。


私はその後、店を出て近くの公園でパンを食べながら1人花見をしました。


そしてぐるぐる散歩しながら大通りに出たと思ったら、

またマスターの店の前の通りだったので、向かいの歩道を歩いて帰る事にしました。


歩いていると、急に左の脳をクイッと引っ張られました。

何だ?と思って見たら目の前に「シリウス接骨院」という名前の接骨院がありました。


高次元の存在の遊び方です。

この日は1日中、そんな感じで引っ張り回されました。


私のハイヤーセルフはどこまでもカワイイ奴です(笑)






あなたのハイヤーセルフはどんな性格なんでしょうね?

繋がるともっとおもしろい素敵な人生が待ってますよ!






MAUKI

































42回の閲覧